スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------| Trackback(-) | Comments(-)
[中級編] SML-B0092
■実質の時間をつける■

日報などに1日の活動を書いている方も多いと思いますが、「何時から何時まで何をした」という時間割の記録よりも、「準備に何分、面談に何分」と、実際にかかった時間の記録の方が、自分の成約率アップには効果的だと思います。

自分の手帳にでも以下の4項目をつけてみて下さい。
・面談の時間
・準備(設計、資料作り、イメトレなど)の時間
・勉強の時間
・保全、アポイントの時間

1日、1週間、1か月、3か月と合計してみると、自分の活動の内容が分かり、どこを直したらより成約率がアップするかも見えてきます。

━━ 保険セールスのヒント【中級編】 ━━




スポンサーサイト
自己管理力をつける | 2009-01-26| Trackback:(0) | Comments(-)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。