スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------| Trackback(-) | Comments(-)
[中級編] SMN-B0112
インターネットで「話法」を勉強しましょう。

今はインターネットで簡単に膨大な情報に接することができます。ですが、膨大なだけに、何が役に立つ情報なのか分からなくなってしまうことも多いでしょう。

「知識」を勉強すると思わず、「話法」を勉強すると思うと、役に立つ情報の見分けがつき、実際に身にもなります。

説明文などを読んで「分かりやすい」「入りたくなる」「必要性を感じる」と思った[言葉(単語)][切り口][言い回し]が出てきたら、それをメモしましょう。

自分の話法に活かせば、成約率が上がります。



━━ 保険セールスのヒント【中級編】 ━━

スポンサーサイト
提案力をつける | 2016-02-24| Trackback:(0) | Comments(-)
[中級編] SMM-B0110
多くのお客様に、自分が保障見直しをしていることを伝えましょう。

その際には、実際にお役に立った事例や、喜んでいただいた事例などを紹介し、お客様が、より具体的に、よりリアルに自分のケースを想像できるように伝えましょう。

実際の事例ではプライバシーが気になるようでしたら、「よくある見直し例」「よく受ける見直し相談例」などにすると良いでしょう。

いずれにしろ、自分の関わった保障見直しは「事例集」にして、よく分析しておくことがスキルアップにつながります。

━━ 保険セールスのヒント【中級編】 ━━

提案力をつける | 2010-07-20| Trackback:(0) | Comments(-)
[中級編] SML-B0108
■「提案書」のコレクションを作る■


ていねいに、お客様の立場に立って作った「提案書」は、それ自体が担当者の作品だと思います。

少し手間がかかりますが、同じものを2セット作り、1セットは自分のコレクションとして保管するのも良いと思います。

人に感動を与えるような「提案書」は、それ自体が強力な武器でもあります。

どんな資料を選び、どの順番で綴じるのかによって、プレゼンの中味が変わってきます。同じプランを提案しても、姿、形が変わって見えます。

安い医療保険や貯蓄としての保険以外は、「提案書」が決め手です。


━━ 保険セールスのヒント【中級編】 ━━



提案力をつける | 2009-12-21| Trackback:(0) | Comments(-)
[中級編] SML-B0102
■一時払年金の契約の際には■


一時払の年金商品を契約する際には(または、契約後には)、有利な金融商品についての情報提供だけでなく、日本の国が抱えている「少子高齢化」の現状や、それに伴う「公的年金の事情」や「健康保険の事情」も、情報として提供しましょう。

これからの日本がますます「自助努力の時代になる」こと、「自分のライフプランや、生涯マネープランを立てることが大切になる」ことも、伝えましょう。

そういう話に、うなづいたりして、興味を持ってくれたお客様には、保障見直しまで、話を進めましょう。



━━ 保険セールスのヒント【中級編】 ━━




提案力をつける | 2009-05-08| Trackback:(0) | Comments(-)
[中級編] SML-B0099
■提案書は台本■


提案書を作るときは、ドラマの台本を作るつもりで、ストーリーを組み立てながら資料をセットしていきます。

そして、でき上がったら、自分用にコピーし、それを台本にして、練習をします。

例え話をする箇所、二度繰り返して説明する箇所、質問をする箇所…、そういった所を書き込んでいきます。

まだ慣れていない提案の場合は、何度もその台本で練習します。

このようにして、いろいろと書き込んだ台本が手元に蓄積されると、反省や改良の際にとても役に立ちます。

━━ 保険セールスのヒント【中級編】 ━━



提案力をつける | 2009-04-08| Trackback:(0) | Comments(-)
[中級編] SML-B0098
■保険の税法上の優遇■


保険は「税法上優遇されている金融商品だ」と言われます。

担当者自身が整理しておきましょう。

「個人契約」では、
・支払ったお金(保険料)に対する税務
・受取ったお金(給付金、満期保険金、死亡保険金)に対する税務

「法人契約」の場合は、もう1ステップ先の知識も必要です。
・会社が支払ったお金(保険料)に対する税務
・会社が受け取ったお金(給付金、満期保険金、死亡保険金)に対する税務
・会社から個人に支払ったお金(見舞金、死亡退職金、弔慰金、退職金)に対する税務


━━ 保険セールスのヒント【中級編】 ━━




提案力をつける | 2009-03-31| Trackback:(0) | Comments(-)
[中級編] SML-B0097
■会社員の生涯マネープラン■


会社員の「生涯マネープラン」が大きく変わってきています。

一生涯1つの会社に勤め、年々給料は上がり、多額の退職金をもらえる…、そんなモデルに当てはまる人が、10年先、20年先には、どのくらいいるのか、分からなくなってきました。

終身雇用、定期昇給、年功序列、退職金制度が崩れてきています。

生涯マネープランに必要なのは、「保障」と「貯蓄」です。

「保障」を掛け捨てで準備して浮いた分を「貯蓄」するのか、それとも、「貯蓄」込みの「保障」で準備するのか、お客様の相談に乗りたいものです。



━━ 保険セールスのヒント【中級編】 ━━



提案力をつける | 2009-03-24| Trackback:(0) | Comments(-)
[中級編] SML-B0096
■長生きのリスク■

「長生きのリスク」の保障不足も気になるところです。
長生きのリスクというのは、定年(引退)後は収入がない(減る)のに生活費や医療費はかかる、この時期のマネープランです。

ですから「老後資金の貯蓄を」と訴求するより、「老後の収入を作る」と訴求した方が、分かりやすいかもしれません。「収入のシフト」です。

例えば、60才定年で、定年後に25年の人生があったとして、月5万円の収入を作るとしたら、35才から60才までの25年間、月5万円の収入をシフトする必要があります。それに少し金利がつくイメージです。


━━ 保険セールスのヒント【中級編】 ━━



提案力をつける | 2009-03-02| Trackback:(0) | Comments(-)
[中級編] SML-B0095
■自分の仕事スタイル■

この仕事は、自分で自分の仕事スタイルを決めていくことができます。

自分が納得できるスタイルが決まると、少々の困難には負けません。
軸がぶれないことが大切です。

「私は、仕事を通じて○○を得たい」
「私は、○○を目指して仕事をしたい」
「私は、お客様に○○な人間だと思われたい」
「私は、家族や友人に○○な人間だと思われたい」

この文章を完成させてみて下さい。
1つの文章につき、少なくとも3つ以上の答えを、紙に書き出してみて下さい。
自分の目指す仕事のスタイルが見えてくるかもしれません。


━━ 保険セールスのヒント【中級編】 ━━




提案力をつける | 2009-02-23| Trackback:(0) | Comments(-)
[中級編] SML-B0094
■「聴く」スキルを磨く■

お客様の話に耳を傾けることは、とても大切です。

例えば、
「保険に対しては、どういうイメージをお持ちですか」
「今、お入りの保険は、どのような経緯でお入りですか」
「今、お入りの保険の保障内容は、だいたい分かっていますか」
「今、お入りの保険で、分からない点はありませんか」

そういった質問を、かたくなく、サラリとして、お客様が話されることをよく聴きます。

話が途中で止まってしまったら、
「それは、どういうことですか」「それはどうしてですか」
と聞いて、さらに話してもらいましょう。


━━ 保険セールスのヒント【中級編】 ━━



提案力をつける | 2009-02-09| Trackback:(0) | Comments(-)
次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。